インフラエンジニアは人間じゃない

インフラエンジニアのブログ。毎日19:00更新。

今若者に大流行中のHCI(ハイパーコンバージドインフラ)ってなに?

ハイパーコンバージドインフラのねるです!

よろしくお願いしますドインフラ!

 

さてさて、今回はHCI(ハイパーコンバージドインフラ)とは何かがテーマですね。

くらえ!ハイパーコンバージドインフラ!

 

なんやかんやゆうてますけども、HCI(ハイパーコンバージドインフラ)というのは、

一般的なx86サーバにですね、ストレージが統合されたものなんですね!

 

今までのサーバとストレージの構成は、図1のように物理サーバが、

仮想環境であれば物理サーバ上にVMが複数台あります。

そこからSANスイッチなどを経由して物理ストレージに繋がっていて、

その中に論理ボリュームが作成され、物理サーバは論理ボリュームをマウントします。

 

<図1.従来のサーバ・ストレージ構成イメージ図>

f:id:nell17world:20170917211825j:plain

 

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)はこの物理サーバ部分と物理ストレージ部分が、

なんと統合されているんですね。技術がどんどん進歩していきます。

 

ちょっとまった!

つまり、普通のサーバのハードディスクをストレージとして使うイメージって事?!

それってストレージの容量かなり小さくなってしまうのでは?!

 

・・・と思うじゃん?

違うんですよ。

 

ITは日々進歩しています。高集積化が進んでいる事によって、

小さなハードディスクに何TB、何PBもの容量が保存出来るようになっています。

技術が発展したことによって生まれた新しい技術、

それが、

そう!

 

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)なのです!

 

HCI(ハイパーコンバージドインフラ)の構成図は図2の通り、

物理サーバがローカルストレージを持ち、

複数の物理サーバが持っているローカルストレージをスイッチ経由で接続し、

1つの大きなストレージとして物理サーバから接続できるようになっています。

 

<図2.ハイパーコンバージドインフラのサーバ・ストレージ構成イメージ図>

f:id:nell17world:20170917213133j:plain

 

では、HCI(ハイパーコンバージドインフラのメリットってなんでしょう?

一番大きなメリットは、サーバ構築が簡単で、作業費用が抑えられるという事です。

また、サーバを増やす場合も、既存のストレージとの接続が不要なため、

本番環境に影響なくサーバを増やすことが出来るという運用上のメリットもあります。

 

ベンダーで言うと、VMware社や富士通社が力を入れているようですね。

僕はVMwareが好きなので、VMwareの宣伝をすると、vSANを推しているみたいです。

vSAN を利用したハイパー コンバージド インフラストラクチャ

Essential Virtual SAN (VSAN)Administrator's Guide to VMware Virtual SAN【電子書籍】[ Cormac Hogan ]

 

そもそもまだ仮想化を知らない、してない方は、

どんどん仮想化をしていきましょう!最高のコストパフォーマンスを感じられます!

 

当サイトに掲載されている広告について
当サイトでは、第三者配信の広告サービス(Googleアドセンス、Amazonアソシエイト、楽天アフィリエイト)を利用しています。
このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』(氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。
またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、こちらをクリックしてください。

当サイトが使用しているアクセス解析ツールについて
当サイトでは、Googleによるアクセス解析ツール「Googleアナリティクス」を利用しています。
このGoogleアナリティクスはトラフィックデータの収集のためにCookieを使用しています。
このトラフィックデータは匿名で収集されており、個人を特定するものではありません。
この機能はCookieを無効にすることで収集を拒否することが出来ますので、お使いのブラウザの設定をご確認ください。
この規約に関して、詳しくはこちら、またはこちらをクリックしてください。

当サイトへのコメントについて
当サイトでは、スパム・荒らしへの対応として、コメントの際に使用されたIPアドレスを記録しています。
これはブログの標準機能としてサポートされている機能で、スパム・荒らしへの対応以外にこのIPアドレスを使用することはありません。
また、メールアドレスとURLの入力に関しては、任意となっております。
全てのコメントは管理人である東海ねるが事前にその内容を確認し、承認した上での掲載となりますことをあらかじめご了承下さい。
加えて、次の各号に掲げる内容を含むコメントは管理人の裁量によって承認せず、削除する事があります。

特定の自然人または法人を誹謗し、中傷するもの。
極度にわいせつな内容を含むもの。
禁制品の取引に関するものや、他者を害する行為の依頼など、法律によって禁止されている物品、行為の依頼や斡旋などに関するもの。
その他、公序良俗に反し、または管理人によって承認すべきでないと認められるもの